安心のベビーカー

安心のベビーカー

安全性に注意してベビーカーを使うための注意点

小さい子供と外出する時には、ベビーカーがあるととても便利です。ベビーカーを選ぶ時には、デザインや機能性と共に、安全性を重視する必要があります。購入時には、一定の安全基準を満たしたマークが表示されているものを選ぶようにしてください。とはいえ、正しく使えていなければ、どんなに安全性の高くても、事故のリスクは高くなります。特に公共の交通機関を利用する時には、気をつけたいポイントがいくつかあります。特に重視したいのは、乗り降りです。かけこみ乗車は、絶対にしないようにしましょう。ベビーカーの車輪がドアに挟まれるトラブルは、あちこちで起きています。乗り降りの時には、そのまま押して乗るのではなく、乗り降りの瞬間だけでいいので両手を持ち上げるようにします。また、進行方向に対して後ろ向きに配置し、ストッパーをつけておくことも大事です。車内の混雑時は、子供は自分で抱き、ベビーカーは折りたたんでおくことが安全性のためだけでなく、公共のマナーでもあります。

ベビーカーの安全を求めて

小さな子供と移動をするのにベビーカーは必須と言ってもいいでしょう。けれどもとりあえずのせられればいいという訳にもいきませんから、安心してのせられる安全性が高いものを探して利用するのも親の務めとなります。ベビーカーにも安全の基準があって、これは2009年に法律が改正されたのですが、そこでSGマークが付いているかどうかを選ぶ時の基準としましょう。
SGマークは(財)製品安全協会が厳しく定めている基準をクリアした製品だけにつけられるものです。その為、このマークが付いている製品を購入した場合には不慮の人身事故が発生してしまった時に対人賠償責任保険が付いているので、その点から見ても安心できる製品と言えるでしょう。
ベビーカーは子供が小さな頃に使うだけのものだから安くていいと思っているかもしれませんが、毎日の利用に耐えうるものでなおかつ製品そのものが安全であるようにと配慮されているものを選んでお出かけを楽しんで下さい。

pickup

塾を逆瀬川で見つける

最終更新日:2018/8/21